N0RTH FACE ノースフェイス ヌプシ 【超特価sale開催!】

N0RTH FACE ノースフェイス ヌプシ
2年前に古着屋で購入しウィンターシーズンに何度か着用をしてきました。 羽根潰れなどなく状態としてもまだボリュームを維持しています。 即決いただけるのであればお値段調整致します。 カラー···ブラック 季節感···春、秋、冬

ヌプシ ノースフェイス FACE N0RTH ダウンジャケット 【超特価sale開催!】

ヌプシ ノースフェイス FACE N0RTH ダウンジャケット 【超特価sale開催!】

ヌプシ ノースフェイス FACE N0RTH ダウンジャケット 【超特価sale開催!】

  • 3.00

    良くも悪くもないという感じ。

    りゅうちゃん2

    普通でした。

  • 2.00

    旧作とはまったく別物。《ロボコップ》という名前に合わない、変身ヒーローのようなサイボーグコップ

    キヨヒコ

    すでにそのまま「ロボコップ」に転用できそうな人型治安維持ロボ(EM-208)が存在する世界。紛争地域ではED-209(旧作にも出ていた二足歩行自律戦車)とドローン(無人戦闘機)も実用化されている。その上で、あえて人間とロボットのハイブリッドである《サイボーグ》を作って「ロボコップ」と呼ぶので、すごく違和感があります。(「ロボよりも柔軟な判断ができる《ロボ》を」というので人間とのハイブリッドを作る運びになったのですが)スーツはスタイリッシュなデザインでスーツもののヒーローみたい。「ロボ」という名称から連想するような《無骨》でどこか《鈍重》そうなイメージは無い。実際、動きは滑らかで、人間以上に機敏。「果たして自分は人間なのか、それともロボなのか」みたいな苦悩や悲痛を描くのに適さない気がします。(体が残っていないという描写はあるけど、その他は)スタイリッシュ過ぎて同情し辛い。黒にしたのも失敗なのでは。(「ロボコップ」としての性能を向上させるために、話が進むほどに人間性をどんどん奪われていくのだけれど、いかんせん外見が人間っぽすぎるんだよねぇ)しかも後半、自分の事件しか追っていない。(それで芋づる式に警察の汚職からオムニ社の癒着までが明らかになるのですが、ご都合主義の結果でしかないのでは?)なんだかなぁという映画。サミュエル・L・ジャクソン演じるテレビ司会者(ノヴァク)によって描かれる風刺も、もっと強烈な某大統領が現実に現れたおかげで笑えない。☆2かな?

  • 4.00

    リメイクだと思うと厳しい。

    BIG

    気に入ったところ・メカニックのデザイン・CGアクションの迫力・テンポの良さ・バックボーンなどの作り込み気に入らないところ・脚本・キャスティング・後日談がない主人公がロボコップになってしまったが故に、二度とロボコップにはならないであろう最後になった。この後、様々な人から求められても、主人公の回答はNOだろう。ロボコップのアナザーストーリーとしてなら納得できるかも。とても良いものなのだけれど、旧ロボコップより話しが重すぎて、続編は難しい。

  • 2.00

    ちょっと違うよな~

    info1682

    2008年が舞台ということはアイアンマン1のころ。ニックフューリーがアイアンマンにアベンジャーズ入りを断れていたら、ロボコップを候補にあげていたかも(笑)あと、バルチャーはやっぱり発明家だったんだ。とMCUヲタの独り言です。あと、2014年作だったらコロッケの五木ロボみたいな効果音じゃなくて、近未来的な効果音があったんじゃね?

  • 3.00

    初代は伊達じゃなかった。

    moz

    さすが、1987年版を27年後にリメイクしただけあって、メカニックの表現は格段に洗練されていました。世界観の設定やちょっとしたガジェットに至るまで、人々がAI化を畏怖する現代を描写するのに十分なリアリティも含んでいたと思います。しかし、そこまでの作品でした。初代では主人公の殉職、穏やかな日々の記憶、オムニ社との対峙に至るまで、観る側の心を揺さぶる作品でした。ロボコップをマーフィだと彷彿させる仕掛けも、実に憎い演出であったり。退廃したデトロイトに暗躍する無法者、そしてオムニ社の策謀……作品は終始、埃っぽくて荒々しい世界観を醸し出していました。反面、本作は導入部こそワクワクさせられたものの、全ての登場人物達が軽くあしらわれているんですね。ロボコップ完成までの経緯は、初代を補完するものとして観る価値はあったと思いますが……。予定調和で導入されたヒーロー、その不具合を憂慮する企業側の心理を深堀りしちゃっているんですよ。この脚本では、初代の拙いVFXを差し引いても、巷に出回っているSF映画に埋没してしまいますね。とはいえ、「初代が単にアイディアと特撮で当たったワケではなく、総合的に完成度の高い作品であった」ということを再確認できるのも本作のお陰です。本作の世界観描写が秀逸だけに、ちょっと残念ではありますが……。

  • 1.00

    昔のロボコップとか知らんけど、ただただずっと不快

    しぇふ

    自分は昔のロボコップのシリーズは一度も見たことが無いのでこの作品のみの感想だが、最初から最後までずっと不快以外の感想が出なかった。まぁ確かに、人間を物として扱うことへ不快感を与えて警鐘を鳴らすって意味なら成功しているとは言えなくもないが、それならあのラストの締め方は無いだろう。ラストを暴言で締めくくったサミュエル・L・ジャクソンが演じるキャスター本当に必要だったか?ニュース番組で極端な思想を常に喚き続けてただただ不快なだけだった。  てか、どいつこいつもモラルの欠片も無い奴らばっかりなのは何なんだよ。あの医者も何か最後味方側に回ってたけど、お前だからなやったの。機械の信号を自分の意志だと錯覚させたり、感情を奪って本当にただの機械にしたり、踏みとどまる場所はあったのに結局全部やったのお前だから。 全編通してムカムカするのは、主人公に対しての仕打ちと、その実行者に対する罰が全く見合っていないからだ。主人公は犯人の利己的な理由によって、頭と肺だけ脳は好き勝手に操られるという正直グロテスクなほど悲惨な状況になっているのに、作中ではそいつらへのお咎めが足りなすぎる。あの汚職警官どもは頭を吹き飛ばす位の目に合って貰わないと割に合わない。会社の奴らも同じだ。クズばっかだ。 アクション的にはどうかと言われれば、昔のロボコップとか知らん人間からしたら特に述べることなしという感じ。ロボットの四肢を生かしたスタイリッシュな動きとかは無く、基本オートエイムして売ってるだけなので、よく言えば武骨、悪く言えばつまらない。 正直客観的に評価できてるかは分からないが、そんな客観性を塗りつぶすぐらい個人的にずっと不快だったのは事実。何て言えばいい?普通におすすめしない。

  • 3.00

    中身も現代風ロボコップ

    Amazonカスタマー

    ある程度設定を踏襲していますが、1987年のロボコップとは別物です。俳優や相棒、家族、テクノロジー等の世界観が大きく変わっています。映画自体の技術も今作はかなり上がっています。「全然違う!」と見るのを辞めようかなとも思いましたが、これはこれで近未来的でアリかなと。個人的にテーマも大きく変わっていると思います。1987年の作品は腐敗と正義(ヒーロー)でしたが、今作品はアメリカ(市民)とロボットです。で、さらに言えばヒューマンドラマ化しています。過去作は事件後に家族がいないためにロボットと自我、今作は家族とロボットにさせられたマーフィーに焦点を当てていました。別物として見ていて、今作で納得がいかない部分は最後でした。マーフィーと社長の同士撃ちです。ここで完全に自我を取り戻したみたいなシーンになれば尚良かった。会社の重役たちとマーフィーの家族がどうなって最後ああなったんだみたいな…唖然としました。ロボットになったマーフィーを誠実に作り込んでいたのに、最後ぶっ壊した感じです。最後は愛(人間、家族)だよと。で、TV番組の司会が「アメリカはかくあるべきだ!」と二元論的な終わり方。面白かったんだけど、過去作は最後格好良かったんです。下品なこと言えば、今作は社長が撃たれて気持ち良いだろ、家族と一緒になれてハッピーみたいな感じにも受け取れました。

  • 4.00

    「ロボコップ」であることから逃げていない良リブート作品

    劇場で鑑賞し、BDを購入しました敢えてリメイクとは言わないメカに組み込まれた人間という同じ題材を描きながらその切り口の角度が全く違うからである1987年に生み出された初代ロボコップは悪化するデトロイトの治安状況を改善するための新兵器として生み出された(ED-209がアホの子でポシャったからではあるが)ロボコップという存在が期待されて生み出されたアレックス・マーフィーの生体パーツを利用したロボットとしての活躍を期待されていたアレックス・マーフィーの自我が取り戻されることは想定外の事態である記憶は完全に消去された筈であり、突発的なフラッシュバックと相棒であるルイスの言葉などから自我を取り戻していくまずロボコップとして復活し、アレックス・マーフィーとしても復活する監督であるヴァーホーヴェンはこれをキリストの復活と関連付けているそこに描かれた葛藤や、作品に散りばめられた社会風刺が非常に秀逸な作品だったそこに無類の強さを誇るロボコップのバイオレンスガンアクションが組み合わさって非常に高いレベルの娯楽作品である対して2014年にリブートされたロボコップはどうか本命はEM-208とED-209の導入であり、ロボコップはその障害であるドレイファス法を廃止するためだけに作られたアレックス・マーフィーを蘇生させ、メカの中に組み込むことによりサイボーグというグレーな存在を作り上げドレイファス法さえ廃止されてしまえばオムニ社にとってはお役御免という扱いであるそのオムニに利用された形ではあるが、アレックス・マーフィーを蘇生させたい家族と、医師ノートンの力によって彼は蘇るしかしロボット導入の広告塔として蘇生させられたアレックス・マーフィーはそのお披露目の際、人間であるが故のトラブルを起こしてしまう広告塔がお披露目でトラブルを起こしては話にならないと。彼の人間性はその場で封印される事となるつまりアレックス・マーフィーとして蘇り、ロボコップに改造されるのであるしかし、彼は家族を思う気持ちから封印された人間性を取り戻していく、というお話幕間に挟まれるサミュエル・L・ジャクソン演じるノヴァックのTVショー等、社会風刺も健在である方や犯罪抑止の切り札、方やただの広告塔方や無類の強さで敵をなぎ倒していく、方や本命であるロボットには敵わないということが強調されている方や完全なロボットを期待され、方やサイボーグであることを期待される存在として共通するのはオムニ社がアレックス・マーフィーの自我を邪魔だと思っている事だけであるしかし作品として根底に流れている、人としての本質は何か、人として大切なものとは何かというテーマは共通のものでその点で「ロボコップ」という作品から逃げていないと感じたテーマからは逃げずに、違う角度から新ロボコップを作り上げた作りなおしではなく、再出発であるだから、敢えてリブート作品と呼ばせて頂くただ、家族愛とアレックス・マーフィーの復活に非常に長い尺を取った為ガンアクションなどエンターテイメント作品としては1984に一歩劣る、よって星一つ減点させて頂いたただ、それでもネットなどの技術を駆使して捜査をし、バイクで駆けまわり、時代に合わせ進化した素早く動くロボコップの活躍は爽快である続編展開の可能性もあるとのことで、個人的にはぜひ期待したい1987年版ロボコップは数を重ねるごとに出来が悪くなっていったが、2014年版は同じ轍を踏まないよう願ってやまない比較対象がかなり高次なレベルにいるので辛口な意見も目立つが、この作品自体の出来もかなり良いものなので見ておいて損はない作品である

  • 5.00

    現実、、

    やね

    よかった

  • 5.00

    現代アレンジ

    マサヤン

    以前、いろんなメtディアで取り上げられてましたのでようやく見ることが出来ました。キャストがえぇ?というような驚きのある魅力的な作品でした。内容も元の作品とかなり変わってて、引き込まれましたね。前作もB級作品とたたかれましたが、続編でおかしくなったのでwww一作目は作成費用も少なく作られたとのことでしたがかなり好きな作品でした。リメイク版もかなりいい作品だと思います^^

ヌプシ ノースフェイス FACE N0RTH ダウンジャケット 【超特価sale開催!】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ヌプシ ノースフェイス FACE N0RTH ダウンジャケット 【超特価sale開催!】

KYOTO QUALITY

「京都クオリティ」マールブランシュのおいしさの考え方

  • 世界の食を見つめ、京都でモノづくりをする。
    京都の流儀で、世界へおいしさを発信する。
    私たちが生まれ育った京都には、さまざまなものを受け入れ、
    本質を見きわめ、新たな価値「ほんまもん」に変えていく文化があります。
    この文化に学びながら、私たちの思いを事業や商品に変えていくための確かな指針、
    それが京都クオリティ。

    おいしさの原点ともいえる「素材」にこだわる。
    京都に受け継がれてきた繊細な匠の「技」を極める。
    季節の趣に寄り添う「心」でおもてなしをする。

  • この、素材、技、心から生まれてくる京ならではの商品が醸し出す品質。
    そして、それを生み出すために、永年培い洗練してきた私たち固有の技術。
    いわば「世界の本物」を「京都のほんまもん」にしつらえる力です。

     

    それが、「京都クオリティ」というマールブランシュの「おいしさ」の考え方です。

3つのこだわり

ナイキダウンベスト収納フード付オーバーサイズ古着男子ゆるダボ90年代90s秋冬