遊戯王 スターダスト・ドラゴン ホログラフィック 新作商品

遊戯王 スターダスト・ドラゴン ホログラフィック
急遽お金が必要になったためコレクションを泣く泣く出品しております... 遊戯王 スターダスト・ドラゴン ホログラフィックレアです。 購入後即スリーブに入れ丁寧に保管しておりました。 そのため状態も非常に綺麗です。 即購入⭕

スターダスト・ドラゴン ホログラフィック 遊戯王 遊戯王 新作商品

スターダスト・ドラゴン ホログラフィック 遊戯王 遊戯王 新作商品

スターダスト・ドラゴン ホログラフィック 遊戯王 遊戯王 新作商品

  • 1.00

    痛快でもないし復讐劇でもない

    コンバット越後

    腐敗したヒーロー集団に恋人を殺された主人公が復讐を誓う話では決してない。ヒーローたちが能力を使って派手に立ち回る熱いバトルシーンもない。強大な力を持つヒーローをただの人がいかに打倒するかという頭脳戦・心理戦の要素はまるでない。これらの要素を期待して観るのはお勧めできない。そもそも主人公のヒューイに復讐をするという強烈な意志はない。ただ巻きこまれて言われるまま盗聴器を仕掛けたり脅迫したりするだけ。しかも指示された時にはだいたい「デモデモダッテ無理無理」をやってから仕方なく行動する。ヴォート社の能力者スターライトとイチャイチャする合間に少し活動する程度。さんざん躊躇していたのに急にブチ切れてトランスルーセントを殺した理由もよくわからないし、その後の人を殺したことに対する葛藤も一切ない。かと思えば直接の仇であるAトレインを殺すチャンスを目の前にして何もしないなどとにかく全く感情移入できないし行動が支離滅裂。ヒューイを巻き込むもう一人の主人公ブッチャーはヒューイよりは強い意志を持っているが、基本的に戦略はなく行き当たりばったり。透明人間に対して普通に格闘戦を挑んで返り討ちにあうとかもうアホかと。外皮が堅く透明になれるヒーローを殺すのに随分時間をかけたが冷静に考えれば方法なんぞいくらでも思いつきそうなものだが。ホームランダーが鉛を透視できないことを知っているなどヒーローに関する情報を結構持っている描写があるがあまり活かされない。そこいらのミステリー小説の犯人でも復讐のために完全犯罪の計画を練るのに、相手が特殊能力を持ったスーパーヒーロー達にもかかわらず何故このTHE BOYSにはそれがないのか。この二人に協力しているフレンチとマーヴィンは一体なぜTHE BOYSなのかよくわからない。ヒーローに恨みがある描写は無く、ヴォート社の悪行に対する反発や社会正義を持ち合わせているわけでもない。何故死にそうになったり家族を巻き込んだりするリスクを冒してまで活動しているのか謎だ。この物語はTHE BOYSもヒーローも勝手に自滅していくだけの物語だ。どちらの陣営も共通の目的、理念を持たず、勝手に内輪揉めして崩壊していく。腐敗したヴォート社はそれで良いが対抗する主人公サイドまでそれではいったい何を観せられているのかという苛立ちが募る。次シーズンに続く的ラストは海外ドラマの常なのでまあ良しとしてもこれから主人公たちが魅力的になっていくかは甚だ疑問。本筋に全く関係ないディープが魚介類と戯れる件を削ってでもほかに描くべきことがあったはずだ。

  • 4.00

    いい映画だ、

    MAKI

    久し振りに感動した。何をどう感動したか? 観ればわかる。にしても、「ヒトラーの忘れもの」って題が余りに商業的で、気に喰わない。題を付けた奴らの、得意満面な顔が目に浮かぶ。「シャレた題だろ、センスあるだろ。」ってね、、、ホントにこの映画を観たのか? その上でもなお、こんな軽薄な台を付けれたのか! 知性ある人間のすることではない。地雷の撤去は、敷設した国がやるのが道理だろ。同胞から異国に、置き去りにされた少年兵にやらせなくてもいい。ドイツから、責任ある大人を引きずり出して、やらせればいい。だけどね、地雷撤去と戦場で命令一下で、突撃するのと、どちらが残酷で理不尽なんだ。突撃は、目の前が地雷原だったりする。砲弾が絶え間なく破裂する。銃弾も顔の横を飛んでくる。地雷撤去は、地雷だけだよ。自分の国が敷設したんだ。 地雷撤去で吹き飛ばされるよりも、砲弾銃弾で身体が引き裂かれ、血まみれでのたうち回る方が、気が楽なのか。戦争で、敵兵を殺すのは、地雷を敷設するのは、やりたくてやってるんじゃあない。兵隊さんは、軍の作戦戦略、指揮命令で敵兵を殺している。命令でやっている以上は、兵卒に責任はない。指揮官にある。但し交戦規程から外れた争いで、人を殺せば、軍法会議で殺人罪になる。一兵卒は、どこの国でもゴミのように、捨てられてるよ。日本軍でも、敗戦後将校たちは殺せなんて命令は出していない。ぜ~~んぶ兵隊が勝手にやったことですと言って、内地に帰ってきてる。兵卒は、現地で重労働不発弾処理をさせられて、半数が死亡。 戦争に限らず、下流国民はどこでも理不尽な扱い。65才過ぎても、死ぬまで過酷な労働。

  • 3.00

    ええっ∑(゚Д゚)

    悪魔

    全エピソードの内、ラスト近くまで楽しんで見れました。が、ラスト……アリ?腐れヒーロー集団に復讐する主人公側のストーリーでありつつもラストシーンだけ見たらただの壮大なNTRモノじゃね?って話か?しかも、物語が尻切れもいいところであちこちに『オイ!その後どうなった!』とツッコミたくなる部分も多々あり……何より、ヒーローが全員カッコ良くも可愛くもないあたりはアメリカンな印象を受けたし、物語の初めに性的な云々書いてある割に今時の小学生でも普通に見そうな描写しかなくて残念以外の何者でもない。もし、シーズン2があるなら、シーズン1のガッカリ具合をリカバリーしてくれる作品を作ってくれよなぁ。

  • 4.00

    見てよかった!

    ittoko

    クールな演出が冴えてます。演出側のどっぷりハマった映画は甘すぎて飽きます!ヒーローがいなくても十分成立。アンチNetflix派にはお勧め!

  • 3.00

    惜しい

    Amazon カスタマー

    なんだか消化不良な感じ。なんでその終わり方?ストーリー構成はまあまあいいとして、心情描写にかけると思う。ラストシーンはハッピーエンド的に書かれていたが、ブッチャーはそれでいいのかよって感じ。そもそも登場人物たちのそれぞれの動機が全体的に薄い。脈絡にがないっていうかなんていうか。目的もよくわからん。で、結局何のためになにがしたかったの?テーマはいいから楽しめるっちゃ楽しめるんだけど、だからこそ残念。

  • 4.00

    個人的には好き

    らいおん

    予想通り地味な映画ですが、これが史実なんでしょう。

  • 3.00

    ネタバレ注意

    trauma

    ネタバレになるけど、主人公のヒューイがなんかちょっとな…トランスルーセントには電撃&ケツ爆弾したり、追手にはマシンガンぶっ放して撃ち殺したりするのに肝心の仇、しかも自分を殺しに来たAトレインには心臓マッサージ&仲間にもリスクがかかるのに救急車を呼ぶって今までの流れ何だったの…?ほかにも所々ツッコミどころはあるけどまあそれなりに面白くスイスイ見れるのでシーズン2にも期待。

  • 4.00

    探し物はなんですか♪ 見つけにくいものですか♬

    Movie stalker

    これは実話をもとにした物語。1945年5月4日に欧州戦線はドイツの降伏という形で終了した。しかし、デンマークには残されたものがある。それは地雷だった。デンマークではドイツ軍の青年捕虜に地雷の撤去作業を命じるが、それは常に死と隣あわせの作業だった。 捕虜に地雷を撤去させるってどう思いますか?明らかにジュネーブ条約に違反してませんか?いやいやでもね、彼はドイツ兵なんですよ。デンマーク人からすれば勝手に占領した憎い敵なわけですね。戦争が終わったからハイ終わりという訳にはいかないんです。だからついつい辛く当たってしまうんですね。 でも彼らと触れ合ううちに、兵士である前にただの若人であることに気付くわけです。これはデンマークの軍曹とドイツ青年兵の触れ合いと葛藤を描いた名作だと思います。ハートフルではなくハートフルボッコな映画なので注意。

  • 3.00

    ホームランダー

    この俳優さんすごいな。見つけて採用した人もすごい。ろくでもない感じが顔に表れていて、あのホームランダーにぴったりのはまり役。

  • 4.00

    悲惨な少年兵たちにも救いはある

    正直者ですが、何か?

    シベリヤ抑留と比べれば随分とましかな~w

スターダスト・ドラゴン ホログラフィック 遊戯王 遊戯王 新作商品

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

スターダスト・ドラゴン ホログラフィック 遊戯王 遊戯王 新作商品

KYOTO QUALITY

「京都クオリティ」マールブランシュのおいしさの考え方

  • 世界の食を見つめ、京都でモノづくりをする。
    京都の流儀で、世界へおいしさを発信する。
    私たちが生まれ育った京都には、さまざまなものを受け入れ、
    本質を見きわめ、新たな価値「ほんまもん」に変えていく文化があります。
    この文化に学びながら、私たちの思いを事業や商品に変えていくための確かな指針、
    それが京都クオリティ。

    おいしさの原点ともいえる「素材」にこだわる。
    京都に受け継がれてきた繊細な匠の「技」を極める。
    季節の趣に寄り添う「心」でおもてなしをする。

  • この、素材、技、心から生まれてくる京ならではの商品が醸し出す品質。
    そして、それを生み出すために、永年培い洗練してきた私たち固有の技術。
    いわば「世界の本物」を「京都のほんまもん」にしつらえる力です。

     

    それが、「京都クオリティ」というマールブランシュの「おいしさ」の考え方です。

3つのこだわり

【注意】遊戯王ブラック・マジシャン・ガール P4-01 【カードのシートのみ】